住宅模型と図面

良い収益物件を見抜こう|安定した収入を見込める

投資に向くマンション

シャツの男性

マンションにも様々なタイプがありますが、賃貸に出して収益を上げる投資用マンションとなると、物件選びが重要です。人気の高い投資用マンションは、家賃の利回りが高いことと資産価値が高い特徴を持っています。そのような物件となる条件には色々なものがあります。まず賃貸需要が多い地域であることは絶対条件です。人口が多い都市であること、そして最寄駅から歩いて10分以内であることが必要です。このような立地二ある投資用マンションは、空き部屋となるリスクが少なく、さらに転売する際も買い手を探しやすいので人気があります。さらに築年数も比較的浅いものが、購入金額と家賃とのバランスが取れているので利回りが高く、人気があります。

人口の多い都市部で駅からも近く、さらに利回りが高いマンションというのは、実は案外と多いものです。その中でいかに差別化を図るかが、空き部屋を避けるための工夫となります。そこでこれまでは、いかに借り手が好むような内装にするかが問われていましたが、その逆転の発想で人気を集める物件があります。借り手が自由に内装を変えられる投資用マンションです。従来であれば、退去時は原状回復が条件であったことから、借り手がリフォームしても元に戻す手間があったものです。そこを、原状回復せずに退去できるような工夫をすることで、賃貸がつきやすくなっています。さらに家賃も高めに設定できる上に家主としてリフォームが不要なので、収益性が高まることにもつながります。