住宅模型と図面

良い収益物件を見抜こう|安定した収入を見込める

運用効率がアップします

メンズ

空き家が収益物件に

airbnbの認知度がここ数年で一気に上がりました。外国人旅行客の増加も関係があるようです。airbnbは今や世界190か国以上で利用されている宿泊サイトです。アメリカが本拠地ですが、日本語サイトも充実しており国内でもairbnbに登録する人が増えています。その魅力は、ホテルではないユニークな宿泊ができるところにあるようです。日本のごく一般的な民家に泊まれることは、異文化の国から来た旅行者にはとても新鮮です。又、同じ日本人でも沖縄の民家には、本土にはない魅力があるようです。そのため沖縄を訪れる旅行者の間でもairbnbを探す人が大勢います。サイトを覗いてみても、登録しているゲストハウスがたくさんあります。もし、沖縄に借り手のつかない空き家やマンションがあるならairbnbに登録してみてはいかがでしょうか。赤字物件が収益物件に変わるかもしれません。

予約管理から清掃まで

もし空き家がオーナー宅の隣に1軒あるだけなら、あまり問題なく運営できるでしょう。ゲストが来た際のカギの受け渡しや、宿泊ルールの説明や緊急の際の連絡もつきやすいでしょう。しかし物件が複数あったり遠方の場合は、運営も楽ではありません。チェックアウト後の清掃などがスムーズに行われなければ回転率も落ちます。効率よく収益を上げるならairbnb代行を利用する方法があります。airbnb代行は、オーナーにかわって予約管理から清掃サービスまで一手に引き受けてくれます。外国人旅行者向けに英語でのルールブック作成と言ったものまで行ってくれます。airbnb代行の料金はサービス内容によって決まります。すでに沖縄でairbnb代行を利用して収益を上げている物件が多数あるようです。