住宅模型と図面

良い収益物件を見抜こう|安定した収入を見込める

土地を有効活用した経営

駐車場

運営するタイプや特徴など

空いている土地を有効活用する方法の一つとして、駐車場の運営があります。使われていない土地は、何もしなくても税金がかかってしまうので、うまく活用して収入を得ている人が多くいるのも事実です。この駐車場の設置には様々なタイプがあり、土地に線を引いた簡単な駐車場や管理人常駐タイプの駐車場、タワーパーキングやコインパーキング、ビル駐車場などがあげられます。駐車場の設置は、簡単なものは土地さえあれば容易にできてしまうのが特徴で、リスクも少なく建設費も必要としない小規模のものが人気を博しています。また、集客施設が周りに密集した場所では、売り上げの見込みを行い、数千万以上の建設費がかかるビル型やタワー型の設置をして収益を上げているのも特徴です。場所や資金、土地の広さによって様々な運営方法があるのも重要なポイントであります。

小規模で運営するには

誰でも簡単に設置ができる小規模の駐車場は、運営方法も考えなければなりません。例えば、駐車場の管理人を不在で貸す場合は、利用する契約者を集め月極で貸し出す方法や、無人の自動精算機を使ってニーズに合わせて貸し出す方法です。そして、管理人在中で運営する場合は、料金の精算から精算機の操作までを一括して行います。また、管理人がいることによって、車のイタズラや盗難、窃盗を未然に防ぐ効果もあります。このような二つの方法がありますが、自分で運営管理が大変な場合は、駐車場経営をサポートする会社があるのです。委託することで煩わしい料金精算から管理、清掃まで行ってくれて、経営に必要なノウハウや運営するポイントなども相談できるのが魅力であります。駐車場の運営には、このようなことを知っておくと良いでしょう。